自己採点時はうれしさのあまり号泣しました。おかげでもう1か所で採点しようにも涙で画面が見えない状態になりました。

自己採点時はうれしさのあまり号泣しました。おかげでもう1か所で採点しようにも涙で画面が見えない状態になりました。

2017-04-18



平成28年度合格者
東京都 山田文絵様(40代)
受験回数:3回目

行政書士を目指そうと思ったのは、自分のスキルアップが目的でした。もう一つ何か、会社の中で役に立てるようになりたい。そう考えたときに目に入ったのがユーキャンの行政書士試験講座だったことがきっかけでした。

2回目の試験の前日、どう過ごして良いのか判らずネットサーフィンしているときに、マニュアルと出会いました。

2回目が不合格だったら頼ってみよう、そう感じたその勘を信じよう。勉強法であれば、ほかの資格を取りたいと思ったときにも役に立つはず、と思い、購入を決めました。

1回目は記述の採点をしてもらえないほどの成績、2回目は152点。成績は伸びているけど、自分の知識が伸びている気がせず、通信教育のテキスト(1回目と同じもの)では間違いなく合格出来ないと感じていました。

テキストは変えるべきと思いながらもいったいどうやって選んだらいいのか?変えたところで本当に成績は伸びるのか?と悩みました。

マニュアルを手にした感想ですが、自分では今までやったことの無い勉強法だったので、わくわく感がありました。オリジナル勉強法(初回無料のメールサポート)も「なるほど!こうすればいいのか」、と目から鱗でした。

裏メルマガ(購入者限定通信)や特典でいただける音声なども参考にしながら勉強方法を変えて、それが手ごたえとなって返ってくるのが楽しかったです。

2回目の時も隙間時間を意識して勉強していたつもりでしたが、やり方を変えることで、もっと短い隙時間をも利用することができることも判りました。

また、3回目の受験の年に仕事の分量が増えたのですが、隙間時間でできる仕事を意識しながらの仕事を心掛けたおかげで増えた仕事も滞ることなくこなせたことで周りからも感謝されるという嬉しいおまけがつきました。

マニュアルを実践した手応えですが、問題集を解いていて、間違っている選択肢のどこが間違っているのかはっきりしてきたこと、間違っているところをどう修正したら正しくなるのかがわかる問題が多くなったことで自分に力がついてきたのがわかりました。

こうなりたかったので、出来たときは嬉しくなりました。

自己採点時はうれしさのあまり号泣しました。おかげでもう1か所で採点しようにも涙で画面が見えない状態になりました。

合格発表日にはHPで確認したのですが、自分の目だけでは信じられず、家族にも確認してもらってやっと合格を信じられました。

合格通知の点数を見たときはガッツポーズがでました。

「本当にこの勉強法(テキストや問題集含む)でいいの?」そう疑問を持ったのであれば、マニュアルを購入すべきと思います。

「自分がやっている勉強法の何が間違っているのか?」それがわかることが合格への近道です。金額的に迷っているのであれば、このマニュアルは行政書士試験だけに使えるものではないことも知っていただきたいです。

意識を変えられる。このことはすべてのことにつながります。自己投資として、損にはなりません。むしろ得になるものだと思います
今後の夢や目標ですが、上司に報告したところ、「活かせる仕事を考えないとね」、との言葉をもらいました。まだぼんやりとしたところはありますが、各種届け出や契約書に作成に携わっていけたらと考えています。

マニュアルを購入した際、「今年度にお二方に良い報告がしたい!!」と思いました。

裏メルマガでの叱咤激励、オリジナル勉強法、その他のツールを提供をいただけたことで無事に合格(だけでなく、好成績)を手にすることができました。
ありがとうございました。



PAGE TOP




MENU

お問合せ
HOME