行政書士試験で、まさか、3回以上、不合格?

行政書士試験で、まさか、3回以上、不合格?

坂庭です。

ズバリ、今年で何回目の受験だろうか?

ときどき、「昔と違って、難化している行政書士試験では2、3年は勉強しないと受からない」なんて、言う人がいるが、「何年勉強しても受かる見込みのない人の言うこと」なんて、鵜呑みにしないでほしい。

現状の行政書士試験でさえも、効率の良い正しい勉強法を実践すれば、半年から1年で一発合格は誰にでも可能。

いや、半年から1年で受からなければいけない資格だ。

運が悪くても2回まで。

3回も4回も受ける試験ではない。

もし、あなたがすでに、3回以上不合格であれば、今のやり方を改善しない限り、来年も再来年も受からないだろう。

2005年から4,900人以上に指導してきた私たちが断言する。

今のやり方では、何度受けても受からないし、一生、行政書士にはなれない。

そもそも、

「どこのスークルに通えばいい?」とか、

「今度はどこの通信講座を活用する?」とか、

「今年はどの講師にする?」という問題ではない。

根本的に「勉強のやり方」を改善する必要がある。

3回以上受からないのは勉強のやり方にどこか問題があるとしか考えられない。

あなたも、うすうす気づいているだろう。

「これはスクールや通信講座、講師の問題じゃないな・・・」

「今のやり方じゃ、毎年同じことの繰り返しだ・・・」

「これじゃ、何年かかっても受かりそうにない・・・」

と。

それどころか、

「受ければ受けるほど、毎年、得点が下がり続けている・・・」

「あれほどすべてを犠牲にして勉強したのに、どうしたら受かるのかさっぱり分からない・・・」

「ショックで立ち直れず、勉強する気になれない・・・」

そんな心境かもしれない。

実際に、これまで、私たちが指導した受験生の中にも、

×独学でもダメ

×大手資格予備校に通ってもダメ

×有名通信講座で勉強してもダメ

という状況で、私たちがご提供している勉強法(マニュアル)と出会ってくれた方がたくさんいる。

しかも、5年も、8年も中には10年近く受からず受験地獄に落ちっていた状態にも関わらず。

ところが、

私たちがご提供している勉強法(マニュアル)を実践した年にみなさん、ゾクゾクと合格を果たし、翌年には開業している。

しかも。

私たちは「択一だけで合格ラインを突破せよ」と指導している。

なぜか?

例年、難易度に合わせて、記述の採点で調整している傾向があるからだ。

そのため、「記述を入れれば合格」と楽観視していると、不合格になるケースが多々ある。

ルンルン気分でクリスマスと正月を迎えた受験生が、年明けの合格発表で地獄へ突き落される瞬間だ。

そのため、記述を含めず、択一だけで合格ラインの突破を目指すようにアドバイスしているわけだ。

その甲斐もあり、今年も、自己採点の時点で「択一だけで合格ラインを突破しました!」という嬉しいご報告が後を絶たない。

補正措置のあった年でさえ、200点を超える高得点での合格者を多数、輩出している。

まさに、「スクールや通信講座、講師の問題ではない。勉強法の問題だ」と証明しているわけだ。

もし、あなたも、独学はもちろん、大手資格予備校でも、有名通信講座でも、すでに3回以上不合格であれば、もはや、根本的に勉強法を見直すしかない。

今すぐに、私たちがご提供しているこのマニュアルで、根本的に勉強法を改善し、今度こそ行政書士試験を突破してほしい。

「今年ダメだったら、来年は、坂庭のマニュアルを活用しよう!」なんて、愚かな発想は止めよう。

また、1年、同じ生活で同じ勉強をするのは、【地獄】だ。

想像してみてほしい。

今と同じ生活を送りつつ、この勉強を来年も1年間頑張る。

ゾッとするだろう。

私なら舌を噛みきって死んでいるかもしれない。

それほど苦痛で仕方がなかった。

もう2度とこんな勉強はしたくないだろう。

これまでの合格者も口を揃えて言っている。

「もっと早くマニュアルと出会っていれば、こんなに遠回りしなくて済んだのに」と。

「あのとき、すぐに決断していれば、1年、早く合格していたはずだ」と。

あなたは、来年も再来年も同じ勉強を続ける覚悟はあるだろうか?

ストレスだらけの今の生活をいつまで続けるつもりだろうか?

それとも、今度の試験で合格し、開業して今の生活から抜け出したいだろうか?

根本的に勉強法を改善して、今度の試験で合格し、1日も早く開業したいと思ったら、今すぐに、私たちの勉強法(マニュアル)を入手してほしい。

短期合格の秘訣を実践レベルで余すことなく伝授している。

あなたが、来年も再来年も同じ勉強をしている間にも、あとから勉強を始めた受験生がゾクゾクと短期合格し、開業していくのを指をくわえて見ているだけ、だろうか?

法律オタクになっている場合では、ない。

今度はあなたが合格し、開業を果たす番だ。

あなたはいつまでも、ペーパー試験のお勉強でくすぶってるような人ではないはず。

1日も早く合格し、行政書士として活躍し、困っている人の力になってあげてほしい。

そして、

あなた自身も、時間とお金にゆとりのある自由な生活を手に入れてほしい。

行政書士として一緒に情報交換し、切磋琢磨しよう。

今なら【合格返金保証付き】だ。

ありがとうございました。

坂庭


PAGE TOP




MENU

お問合せ
HOME