詐欺被害に注意

詐欺被害に注意

酷似した粗悪な教材にご注意ください。

最近、私たちのご提供している勉強法(マニュアル)の“パクリ教材”が多数出回っており、連日のようにご相談をいただいています。

このページでご紹介している 「合格者の声」や 「購入者の声」は実際に勉強法(マニュアル)をご購入いただいた方から同意を得て、お名前やお写真まで全て実名で掲載しています。

中にはすでに行政書士として独立開業し、私たちと名刺交換だけでなく、開業後のご相談をいただく方も多数いらっしゃいますし、ブログやホームページを立ち上げて、すでに法律家として活躍している方もいます。

(あるいは、他の行政書士事務所で補助者としてご活躍の方もいます。)

ところが、酷似したページや似たようなタイトルで効果のない勉強法を販売している業者があり、ご相談が後を絶ちません。

私たちの勉強法(マニュアル)は3万4,560円(税込)ですが、それよりもあえて安い金額で “実現不可能な短期合格” をうたって教材を販売している業者も出回っています。

このページで販売している勉強法(マニュアル)は、現役行政書士の坂庭と石井の2名が自らも短期一発合格を果たし、毎年、合格者を多数輩出しているノウハウです。

もし、類似のノウハウ・マニュアル・教材を購入しようかどうか悩んでいる場合には、必ず下記の点をチェックすることを強くお勧めします。

極端な短期合格をうたっていないか?

漫画化やドラマ化を受け、さらにはテレビの法律ブームを受けて以来、現在、行政書士の資格は非常に人気が高く、注目度も高いため、毎年、試験が難化傾向にあります。

私たちはすでに受験生を指導してから12年以上が経過し、行政書士試験のプロとして、毎年、受験生を多数合格へと導いていますが、合格率1桁の人気資格である行政書士になるには現実的に考えて短くても147日相当の勉強が必要です。

勉強開始時期が早い方や、受験回数が多い方は除きますが、「仕事を辞めて朝から晩まで勉強に専念できる受験生」で「家庭を持たない独身の方」または「毎日、血ヘドを吐いて、死ぬ覚悟で勉強できる方」でもない限り、正直、100日以内での短期合格は、かなり厳しいと思ってください。

それにも関わらず、悪質な業者になると、受験生の精神的な弱みにつけこみ、非現実的な短期合格をうたって粗悪な教材を販売しています。

短期合格したいお気持ちは分かりますが、くれぐれも甘い誘い文句に騙されなようにしてください。

販売者が顔写真を公開しているか?

顔写真が掲載されていない場合、名前も仮名(偽名)の可能性が非常に高いです。くれぐれも注意してください。

行政書士の資格を取得しているか?(または、行政書士登録をしてあり、登録番号を掲載しているか?)

販売者が行政書士でない場合、または、行政書士の資格を取得していない場合そもそも、本人が行政書士試験を受けたことが無く、「教材の販売」を目当てに、根拠のないノウハウを売りつけている可能性が非常に高いです。

私たちは「行政書士試験一発合格請負人」と肩書を名乗っていますが、「行政書士~」と肩書を名乗っていても資格所有者とは限りません。

必ず、販売者自身が行政書士の資格を取得しているか?あるいは、行政書士登録をしているか?登録しているのであれば、登録している行政書士会や登録番号まで記載されているか、必ずご確認ください。

私たち同様に「行政書士~」と名乗ることで、あたかも「資格所有者」を装って粗悪な教材を販売している業者もありますので、くれぐれもご注意ください。

販売者自身が短期合格者か?

この勉強法を販売している坂庭と石井は自らも短期一発合格を果たしています。

酷似している教材では、販売者が短期合格を果たしていないにも関わらず、「短期合格マニュアル」と称して教材を高額で売りつけるケースもあります。

また、数年間、不合格だったところ、実際にこの勉強法を買って、私たちのサポートを受け、その年に合格したにも関わらず「本業で稼げないから自分も教材を販売して稼ぐことにした。私の“合格者の声”をページから削除してくれ」 という人もいました。

私たちは自らが短期合格を果たし、受験生をフォローするだけでなく、現役行政書士として本業でもしっかりと依頼を受け、報酬をいただき、事務所を経営していますので、独立開業後も安心してお付き合いいただけます。

「販売者自身が短期合格を果たしていない」または、本業で稼げない行政書士が「受験生を喰い物にする目的で販売している粗悪な教材」にはくれぐれもご注意ください。

「合格者の声」が顔写真と実名で掲載されているか?

時々、「販売ページの合格者は本物ですか?」というお問い合わせをいただきますが、もちろん、すべて本物です。

実際に私たちのご提供している勉強法を購入し、サポートを受けて合格を果たした方ですし、ご本人からお写真をいただき、ご感想文も提供していただいています。

すでに、合格後、独立開業してホームページやブログを運営している方もいれば、補助者としてご活躍の方もいます。

(今では独立開業後の依頼の受け方をご相談いただき、マーケティングのノウハウをお伝えしています。)

ところが、粗悪な教材の場合、合格者を輩出した実績がなく、販売者自身が「匿名」やイニシャルという形で、「購入者の声」を“自作自演”するケースが多発しています。

くれぐれもご注意ください。「匿名」やイニシャルによる「購入者の声」ではなく、「合格者の声」として、顔写真や実名が掲載されていることも確認することをお勧めします。

販売者が行政書士として所在をつかめるか?

同じ法律家としてあるまじき行為ですが、「返金保証」をうたって粗悪な教材を販売している行政書士の中には、「音信不通で管轄の行政書士会ですら連絡がとれない」、というケースもあり、返金を受けられない受験生による被害が発生しています。

私たちは顔写真だけでなく、登録している行政書士会や登録番号まで掲載しています。

ご心配でしたら管轄の行政書士会へ照会してもらって構いません。

あいにく、スケジュールが過密のため電話でのお問い合わせには対応しておりませんが、メールでしたら24時間365日対応しています。

お問い合わせフォームからご連絡ください。

メールサポートはついているか?

販売者が実際に行政書士試験に短期合格していれば、自信をもって受験生を合格までサポートすることが出来ます。

もし、サポートがついていない場合、「本人が行政書士の資格に合格していない」あるいは、「短期合格のノウハウがない」または、「購入後、連絡が取れない」という可能性が非常に高いです。

ここに書いた注意点は、ほんの一部ですが、実際に粗悪な教材を買ってから私たちにご相談いただくケースが続出しています。

そのような受験生は「最初からこちらの勉強法を買っておけば良かった」と後悔しています。

また、粗悪な教材やパクリ教材の販売ページは私たちのページを意識して酷似させているケースもあるので、「坂庭さんの勉強法を買ったつもりが別の教材を買ってしまった・・・」というご連絡もいただいいています。

誤って購入しないよう、くれぐれもご注意ください。


PAGE TOP




MENU

お問合せ
HOME